【3歳のおうち英語】自宅教育で活躍した教材・YouTubeはコレでした!

目次

我が家の3歳児英語教材3つ

3歳娘が自ら催促してくるほど、活躍した教材はこれです!

1.無料のYouTube
2. 英語知育に最適なテレビ
3.英語の通信教材

まなのアイコン画像まな

娘が生後2ヶ月の時からおうち英語実践中の私がお伝えします!

3歳がハマった英語YouTube

BabyBus

かわいいパンダやペンギンなどのキャラクターが子供を夢中にさせます。マナーを教えてくれたり、スーパーレスキュー隊に返信して人を助けたりと道徳を学べる動画が多いのが魅力。知育アプリも豊富です。

Super JOJO

赤ちゃんのJOJOがマナーを学んだり、パパ、ママ、お兄ちゃんやお姉ちゃんとの関係性の中で。娘は3歳にもなると、小さい赤ちゃんが好きでお世話もしたい年頃なので、見ていてとっても楽しいようです。

Like Nastya

“ごっこ遊び“の中で自然な英語を学べるのが魅力。効果音や演出も子供を夢中にさせてくれます。

 

3歳に最適な英語教育テレビ

英語であそぼ with Orton(オートン)

NHK教育の10分番組。

大きなクジラの背中にある町“オートンタウン”を舞台に、みんなで英語の「音」で遊んで英語に親しむのがコンセプト。実験、コント、歌、ダンス、アニメなど多彩な内容です。

引用:英語であそぼwith Orton

放送時間10分間であることのメリット

10分は短い印象ですが、子供の集中力が続く時間としてはちょうど良いです。10分だから録画しておいて毎日再生すると習慣化もしやすいですね。

3歳にちょうど良い英語通信教材

私のおすすめ教材はズバリ2つ!「ポピーkids English」と「こどもEnglish」です!

両方とも続けやすい価格とこどもが英語に親しみを持ちやすい内容です。

こどもちゃれんじEnglish

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

3歳になるとDVDも教材も主体的に遊ぶようになってきます。

私はカーナビでDVDを聞かせて、家でおもちゃで遊ばせています。

我が家では2歳半から1年間ほぼ毎日見せているのですが、子どもにとっては車の中ではしまじろうの英語を見るのが当たり前!という習慣を身につけられました。

娘がある日突然、DVDの内容を7分間シャドーイングし出して、驚いたことがあります。

半年間同じDVD見せていたのですが、びっくりですよ。歌の振り付けもバッチリ!子供の細かな観察力に感動です。

毎月じゃなくて2ヶ月に1回の教材がご不安な方もいると思いますが、私は2ヶ月間同じ教材をとことん学ばさせて体に馴染ませるくらいが丁度良いと思います。

もちろん無理強いはしておりません。でも、うちの娘はとことんやった結果、自信につながっていますよ!

こどもちゃれんじEnglishの資料請求はこちら

↑資料の無料請求はサイトの右端の青い四角をクリックすればOKです。

ポピー Kids English

月額1680円(税込)の教材。

タッチペンのポピペン3300円(税込)を別に買えば、あとは毎月タッチペン用の本と絵本が届きます!

私は、この教材に大大大感謝しております!

娘はとことん英語は学んでいるのに、私にも、私のオンライン英会話の先生にも「Hello!」と言ったことがなかったんです。

ですが、ポピーKids Englishのポピペンで1週間遊んだ結果、娘が勇気を持って「Hello!」と私に言ったのです!!!

まなのアイコン画像まな

Helloって言わなかったのって?絶対わかっているはずなのに、なんでだろう?

DVDの内容7分シャドーイングもするような娘がなぜHelloと言えない?

私達だって、国語のテスト勉強や読むのを頑張る力と、スピーチとか人前で話す力って違うと思いませんか?

英語もリスニング力とスピーキング力って異なります。

話しかけるのって勇気もいりますもんね。娘は公園の遊具で遊んでいる時に自然とHelloと言ってくれました。

ポピーの売りは、シンプルな教材です。日本語もついています。

え、日本語ついていたら完全バイリンガルじゃないよね?って私は思っていました。

でも、実際にやってみたら大正解!

シンプルだから、子どもに達成感を感じさせやすく、うちの娘に話してみたいと思わせることができたみたいです!

3歳の子どもは自分で意味のある言葉を話す分、英語を意味のわかんない言葉ずっと言われるのも抵抗がある場合があります。

まなのアイコン画像まな

私も娘に一度大泣きされたことが・・・。私が言った英語がわからなかったことが嫌だったそうです。

ポピーkids Englishは日本語も入っているから、英語への抵抗感を薄めるようです。

絵本も日本語と英語が併記されています。

娘は

むすめのアイコン画像むすめ

日本語で読んで〜

って言ってきますが、私はところどころ英語を入れて工夫しています。

とにかく、英語の書かれた本を主体的に選ぶということを大切にしています。

ポピーは親が子供に関わって育っていくことを大切にしているので、それも我が家の方針と合っていたようです。

正直、お値段も格安なので、この教材を子どもに与えとけばずーっと遊んでいてくれて勝手に英語話し始めるという教材ではないです。

でも、子どもと関わり合いながら楽しむ教材としてはピッタり!

毎日子どもと遊ぶって言っても10分位です。

気軽に子どもと遊びながら英語に親しんでほしいな。そんなママにおすすめです。

ポピーKids Englishの無料サンプル請求はこちら

3歳の英語は楽しく続けられるものを!

英語が遊びとして習慣化することで、子供が大きくなった時にも苦痛なく英語学習の習慣ができます。

高額教材ではなくても、コスパ良く楽しめる教材も沢山あります。

YouTubeやテレビなどの無料で活用できるものを利用しつつ、YouTubeでこどもが気にいったキャラクターを確かめたり、無料の資料請求をしてから親も納得できる教材を購入するのもありですね。

まなのアイコン画像まな

英語学習は楽しく、遊び感覚で!ぜひ楽しまれてください^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる