【1歳の英語】動画や教材の進め方(失敗体験談有り)

1歳といえば動きも活発!おもちゃや本にも興味をどんどん示す時期!

徐々に二語文も話せるようになってくる段階。

まな(Ew)のアイコン画像まな(Ew)

でも、まだおしゃべりはほとんどできないから本当に理解しているか心配

まなのアイコン画像まな

私が一番辛かったのは1歳のおうち英語はこどもの反応が薄い中続けることでした

1歳になると活発なこどもの世話をしながら家事、仕事復帰される方も多いのではないでしょうか?

ママがも大変な時期だからこそ楽しく続けていくのが大事!

1歳の時期に英語が日常で触れる習慣づくりをすると、2歳、3歳で自ら英語を学ぶ習慣づくりができますよ。

目次

1歳児の特徴

運動面

・行動範囲が広がる(ハイハイ、つかまり立ち、ヨチヨチ歩き)

・手先が器用になる(物をつかむ、食べ物、コップ、ボール、ドアノブなど)

言葉の特徴

・意味のある言葉を話すようになってくる

・2後文を話すようになってくる

・親の話す言葉も少しずつ理解できるようになってくる→1歳後半にかけて親とのコミュニケーションをもっととれるようになる

心理面

自分でやりたい!が増えてくる

親の真似をする(表情や体の動きを観察。親のすることに興味をもつ)
個性がどんどん出始める時期

・友達への興味は高まるものの、同じ場所で別のことをすることがほとんど

1歳児は親子の信頼関係を育む大事な時期でもあります。この時期に築いた信頼関係が、後々、人を思いやる心や、ルールを受け入れる心につながっていきます。

無理に何かをさせたり、あるいはさせなかったりということはせずに、できるだけ子供の意思を尊重して自由にやりたいことをさせてあげることが重要です。

まなのアイコン画像まな

1歳のこどもの興味はまだ友達よりも親みたい。親の真似したり信頼関係を育む発達段階を利用して、ママと英語を一緒に楽しむのが良いですね

【失敗談その1】娘の発達が遅いことを心配しすぎた

1歳は発達の個人差が大きいです。

こどもを他の子と比べないことが大事です。

我が子は歩くのが遅くて、役所の発達相談のお世話になっていました。

ハイハイはするけど歩かない。私が小さいときも1歳頃にはよちよち歩きしていました。でも娘は一向に歩きません。

私が0歳の時に英語ばっかり頑張りすぎたのかな、もっと運動させればよかった・・・と自分を責める時もありました。

結果的には、1歳9ヶ月過ぎてから娘は歩きはじめました。

2歳も保育園の他の子よりも全然話さなくてちょっと心配していました。

3歳半の今は元気に走り回っておしゃべりも活発です。

保育園の先生からは、口数の少なかった2歳の時でも「あの年齢で、こんな思いやりのある言葉や態度は・・・なかなかできないですよ。どんな教育してるんですか」

と言われたことがあります。

こどもはそれぞれ個性があります。

ネットや他の人のブログを見ていると、他の人はこどもに英語をこんなに教えている、バイリンガルすごいなあ・・・とか比較してしまいがちです。

でも、あなたとお子さんにだからこそできる楽しみ方が一番です。他の人の成功体験は比較ではなく参考にして、こどもと楽しみながら英語をしていきましょうね。

発達が心配だな・・・という時は、私のように公的機関に相談すると専門の先生と相談できて安心です。ママ一人ではなく、頼れるものを頼ってこどもの成長のサポートをしていきましょうね。

【失敗談その2】ママが英語学習の理想を追いすぎて無理→体調不良に

結論からいいますと、「おうち英語はママの健康があってこそ」です。

まなのアイコン画像まな

生後2ヶ月からおうち英語を始めた私の失敗談です。(汗)

・職場復帰と家事でストレス
     +
 育休中同様のオンライン英会話やおうち英語を頑張ったら・・・
     ↓
 40度以上の高熱、脈が安静時も120以上、全身のしびれ・・・
 夜間の救急病院に・・・。

私は育休中にオンライン英会話を一生懸命頑張っていて、こどもに上手く語りかけができるようになったのがとても嬉しかったんですよね。

スピーキング能力落としたくない、

こどもにもネイティブの先生の英語もっと聴かせてあげたい

おうち英語をやたら、0歳の時のこどもの英語力がなくなってしまうのでは・・・?

と色々不安に思っておりました。

1歳って英語だから好き、日本語だから好きという区別がないんですよね。

結果、オンライン英会話の頻度を減らしても、こどもに影響は全然ありませんでした。

ママの生活の変化にも合わせて、英語に関わる方法を変えていくのがベターだと思いました。

まなのアイコン画像まな

こどもが1歳から始めるママも無理せず楽しみながらやりましょうね。ゆるくでもOK!続けることが大事!

1歳から英語を始める場合は?

まず、私はあなたのことを尊敬します!こんなにアクティブになってくる、家事や疲れの取れない中色々しなくては行けない時に英語をしようと思い立つのが素晴らしすぎると思います。

私は娘が0歳2ヶ月の時からオンライン英会話を利用して、家の中で娘に英語を聞かせる工夫をしていました。1歳になったらアクティブで英会話中に逃げる逃げる・・・レッスンに集中できない私。という感じでした。

1歳からはこどもチャレンジEnglishなど、お求めやすい教材も出てくるので、教材やおもちゃYouTubeを利用したおうち英語をおすすめします。

英語知育教材でこどもは楽しめる!結果、ママもラク(笑)

こどもちゃれんじEnglish

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

1歳〜6歳までが対象の英語教材。

この年齢になると教材も豊富になってきます。無料サンプルは気軽に請求できます。

こどもが好奇心旺盛なって行動するようになるからこそ、英語教材も楽しめる年頃!

「一人でも夢中になれる遊び」「続けやすい価格」「英語が大好きになる」工夫で継続して続けられるのがウリ。

しまじろうや可愛いキャラ、お姉さんや女の子と一緒に英語を楽しく学んでいきます!

私のオススメはDVD!1歳だと、ママと体を動かしながら英語を覚えられるアクティビティも入ってます!

大きい、小さいの対比語なども体を使って楽しく覚えられる工夫が凝らされています!

我が家は2歳まではDVDを見せても娘はニコニコしているだけで、本当に話せるかわからなかったのですが、

3歳4ヶ月を過ぎた頃から沢山英語を積極的に話すようになりました!DVDに出てくるキャラや人はみんなだ~いすき!

知育玩具も月齢に合わせて届けてくれるからありがたいです♪

YouTubeも大活躍

Activity Family(アクティビティ ファミリー)

日本で作られた教材で学んだ時、ネイティブはどんな風にしているのかな?って思ったことはありませんか?

ネイティブがおすすめする1歳時の遊びを見ることで、その疑問と1歳のこどもがどんな反応をするのかを見ることができます。

しかもママだけではなく、パパ兄弟もガチで育児参戦しているのが見てて面白いです。

おすすめは机バンバン、「tap,tap,tap!(タップ、タップ、タップ)」と言っているシーンです。

流石に食事中に机バンバンして真似したら日本で怒られるかも(笑)それを家族全員で全力でやっている動画で清々しいです。笑

実際に家でするときは、遊ぶ時にテーブルやダンボールひっくり返して、段ボールの底をバンバンしても良さそうですね。

動画のママが早口で英語を話していますが、気にしなくてOK!

遊びのところの言葉だけ真似てみましょう!

PINK FONG(ピンクフォン)

Baby Shark

全世界で70億回再生された歌です。頭に残る歌に、シンプルな手遊び、我が子が1歳の時、子どもが体ふりふりして大ご機嫌でした!ウチは0歳のおすわりした位から2歳すぎるまで大変お世話になった曲です。

生活習慣を学べる動画

1歳児は自分で自分のことまだまだできませんが、この動画のキャラの動きはシンプルで真似しやすいです。

いないいないばあをしてきたりもしますし、ママとリズム運動しながら自然と習慣づくりが入ってくる感じが良い!

こどもちゃれんじ Englishぷち

体験DVDの内容がYouTubeでも見られます!

stamp,stamp,stanp!と足踏みしている歌もでてきます。先程私が紹介したActivity Familyでもしている遊びなのでしっかりネイティブがしている遊びを紹介しているのもとても良いところですね!!

我が子は、1歳からしまじろうと遊ぶことに慣れさせていたところ、2,3歳で自己主張がしっかりでてくるようになった時しまじろうの英語で学ぶのが習慣になっていました。

1歳の時期に英語が日常で触れる習慣づくりをすると、2歳、3歳で自ら英語を学ぶ習慣づくりができる!

私が我が子が生後9ヶ月から2年間お風呂で毎日で「1から10まで英語で数えましょう!」と、英語で数字を数えていたのですが、なんと、2年間我が子は一向に数を数えてくれません!苦笑

わかっているはずなんですけどね。

まな(Ew)のアイコン画像まな(Ew)

3歳7ヶ月で初めて自分から英語の数言うようになりました・・・苦笑

こんな風に、インプットからアウトプットに数年かかる場合も多々あります。ですが、この時期に日常で英語をする習慣づくりをすると、2歳、3歳の時に自然と生活の中に入れられますよ^^

まなのアイコン画像まな

ママが負担なく続けられそうなところから始めてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる